糖尿病の症状は様々|原因を追求して健康を取り戻せ

Doctor

腸の一部がはみ出す病気

Doctor

腸の一部が本来あるべきでない場所にはみ出てしまう症状を、鼠径ヘルニアと言います。鼠径ヘルニアは手術でしか治療できない病気です。開腹手術が基本となりますが、傷口が残ることが殆どで短期間ですが入院も必要です。傷を残したく場合には、開腹せずに済む腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術がお勧めです。

Read More...

かかりつけをつくる

カウンセリング

複数の病院を受診しているのであれば、都筑区の内科で一度に診察が可能な事もあります。またかかりつけを作ることで、ドクターが病気を把握できます。また診療時間内にかかることや、お薬をジェネリック品に変更することで、医療費を節約ができます。

Read More...

内科で行われる治療

医師

肥満によって引き起こされる睡眠時無呼吸症候群によって、交通事故などが発生しています。これは内科のある病院に行って肥満を改善することで解決できます。特に、認知行動療法に基づいた治療が効果的だと言われています。

Read More...

原因と予防法などのまとめ

糖尿病の症状を考えているのであればサイトを調べてみるといいです。有効な成分を調べたいと思っているならここです。

異常な喉の渇きは危険信号

看護師

糖尿病の症状の一つに喉の渇きというものがあります。特に汗をかくようなことをしたわけではないのに、やたらと大量の水分を欲するようになったときは危険信号かもしれません。何故かというと、本来ならば体内にエネルギーとして吸収されるはずの糖分が、水と融合して尿となり体外へ排出されるからです。また糖分が体外に排出されてしまえば当然身体は本来必要なエネルギーを確保することが出来なくなります。それゆえに、慢性的な倦怠感や疲労感という症状が起こる場合もあります。そして更に糖尿病が進行していくとダイエットなどをしているわけでもないのに、体重が減少するという症状が見受けられるようになります。こうなると非常に危険な状態に陥っているかもしれません。

合併症や予防法

なぜ体重が減るのかというのは簡単なことで、糖分をエネルギーとして利用出来なくなった身体は、生きるために脂質など他のものをエネルギーとして代用し始めるからです。こうなると免疫力や抵抗力が落ちるため、様々な合併症を起こす確率が高くなります。糖尿病の合併症として最も恐れるべきなのは脳梗塞や脳卒中などといった直で命に関わるものです。また糖尿病になると身体が痺れるという症状を訴える方もおり、これにより痛覚が鈍くなり、足などに傷がついても分からないのでそこから菌が入り、最悪の場合壊死します。これらを予防するには定期的な血液検査とバランスの取れた食事、適度な運動が必要不可欠となりますので出来るだけ積極的に行いましょう。