糖尿病の症状は様々|原因を追求して健康を取り戻せ

Doctor

腸の一部がはみ出す病気

腸の一部がはみ出す原因

Doctor

一般的には脱腸と呼ばれる、腸の一部が本来の位置よりはみ出してしまう病気を鼠径ヘルニアと言います。鼠径とは足の付け根から太ももあたりまでの部位のことです。鼠径ヘルニアが発症する原因が筋膜の衰えによる鼠径管の緩みとされています。鼠径管とはお腹と外部を繋いでいる管のことです。この鼠径管が緩んでしまうと、緩んだ箇所より腹膜が袋状に飛び出してしまうのです。そしてこの袋に腸の一部がはみ出てくるようになり、鼠径ヘルニアが発症するとされています。筋膜が衰える要因として先天性、加齢による老化、立ち仕事の多い職業などが挙げられます。先天的に筋膜が弱い場合には、鼠径ヘルニアは乳幼児の頃に発症するケースが殆どです。

腸がはみ出す病気の治療法

鼠径ヘルニアは手術でしか治療できない病気です。手術と言っても、現在は短期間の入院で済みます。鼠径ヘルニアはデリケートな部位に発症する為、医師に相談しにくいという人が多いのが特徴です。しかし手術はできる限り早期に行った方が良いので、症状が現れたら恥ずかしがらず、すぐに内科・外科を受診しましょう。鼠径ヘルニアの一般的な手術は開腹を行い、袋状となっている腹膜を元の位置に戻し、再度飛び出さないように補強を行います。開腹する為に傷口が残ることが多く、また回復までは入院が必要となります。どうしても傷口を残したくない場合には腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術という、開腹せずに行える手術も存在します。お腹に5ミリほどの穴を開けるだけの手術ですので、回復が早く傷跡が殆ど目立たない治療法です。